テーマ:日本

原発の安全神話のからくりと国産技術の限界

 仮に原発が、まれに事故が発生するかも知れないような技術であるとする。そうすると原発を建設した後は、当然定期的に避難訓練を行わなければならない。ところが避難訓練とは、読んで字の如く元の場所に戻れるという大前提が存在して初めて成り立つ訓練である。しかし、原発で事故が発生した場合、元の住んでいた場所に即戻れる可能性はゼロに等しい。ということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シー・シェパードとの意見交換会、公開にすべき

 シーシェパード側の意図は明白で、世界に太地町のいるか漁の現状を発信し協賛を得て活動費を稼ぐこと。であるなら、太地町も意見交換会を公開にし、世界に日本に実情を訴えるべきだったと思う。 その際、   太地町漁師の網を切断された写真   漁の妨害をするメンバーの写真   日本のクジラ調査船に対する妨害の数々、酪酸を投げたり故意に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

反日デモをしている場合か?

 なぜこの時期に反日デモなのだろうか。大学生が中心ということだが、であれば本来、劉暁波(Liu Xiaobo)氏の解放デモをすべきではないだろうか。折角ノーベル賞平和委員会が民主化へのトリガーを引いてくれたのだから。いくら当局が言論統制を敷いていたとしても、いくら成都や西安のような田舎でもインターネットや携帯メールでその情報は取れるだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国から見れば赤子の手をひねるようなもの

 日本が唱える友好とは共存共栄のことだが、これが中国に通用すると思っているところに民主党政権の甘さがある。中国にとって友好とは、表現は汚いがお互いの「玉」を握り合うこと。イザという時は仕掛けた方も甚大な被害に合うことを前提に成り立っている平衡を指す。従って、先きに船長を返してしまっては、平衡状態しいては交渉にならない。恫喝し放題の状況が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

日本海軍 400時間の証言 第二回 特攻 やましき沈黙

 NHK「日本海軍 400時間の証言 第二回 特攻 やましき沈黙」を見た感想を書いてみたい。小生の最大の関心は、特攻作戦が誰の発案、命令で行われたかであったが、残念ながら海軍軍令部の中堅幹部の反省会では結局詳細なところは語られず、上からの命令に対して、不条理とは思いながらも、やましき沈黙を決め込んでしまったという懺悔の念が語られるだけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財源問題を議論するなら、先に国会議員を減らすべき

 前の記事で自民も民主もばらまき方に違いがあるだけで、基本は同じではないかと書きましたが今日のサンプロを見て、やはり民主は旧社会党との印象を強く持った。とにかく青臭い。  民主や社民は、。同一労働同一賃金と簡単に言っていたが、マルクスや女工哀史の時代でならいざ知らず、仕事が高度化している中でどうやって同一労働を定義するのだろう。ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次の内閣担当大臣同士でテレビ討論を!

 自民も民主も如何にばら撒くかの違いだけで、根本的な違いがよくわからない。そこへ持ってきて『政権交代は最大の景気刺激策」とか言うものだから余計に悩む。  このごろ、総選挙は次の総理大臣を選ぶ選挙と言われる。アメリカ大統領戦の影響だろうが議員内閣制の総理大臣は、アメリカ大統領ほど権限を持たないわけでこの言い方はどうもしっくりこない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お祭りサッカーと狩猟サッカー

 ドイツワールドカップと同じパターンで岡田ジャパンはオーストラリアに屈してしまった。アジアでは勝てるのになぜオーストラリアに勝てないのか。高さの違いはあるだろうが、その前にオーストラリアはその高さを十分に生かす術を心得ていると思う。  『W杯アジア最終予選第10節 オーストラリア2―1日本(17日、メルボルンクリケットグラウンド)…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

新型インフルエンザとバッシング恐怖症

 とりあえず不安を煽っておきさえすれば、もし的中すれば、良く見抜いたとなるし、的中しなければ即ち好転すれば結果オーライで誰も文句を言わない。楽観論を言って間違えばバッシングの対象となるが、悲観論を言って良くなれば忘れてしまうのが常。  従って、とりあえず不安を煽っておけば安全だという意識がマスコミ、政府機関にあるに違いない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世襲禁止は愚の骨頂

 もし議員2世にすばらしいリーダーシップと政治的才能をもった人が現れたらどうするのだろうか。この制度を作ったが故に、議員になれないとすれば国家の損失である。憲法上、立候補制限が憲法が保障する「法の下の平等」や「職業選択の自由」に触れる恐れもある。    『民主党は4月27日、党本部で政治改革推進本部(岡田克也本部長)の総会を開き、党…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

15歳未満の臓器移植提供論議 

 臓器移植に15歳の年齢制限があることを、不覚にもこのニュースで初めて知った。 『重い心臓病と診断された山保一己(さんぽ・いつき)ちゃん(1)=横浜市青葉区=が4月15日、米国で心臓移植手術を受けるため、両親らとともに成田空港を出発した。カリフォルニア州のロマリンダ大病院に入院し、提供者(ドナー)を待つ。一己ちゃんは昨年12月に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

麻生総理には、スピーチライターならぬコメントライターが必要?

 どうもこの人は、自分の信条を話すのはいいのだが、場をわきまえずに吐露するようだ。相手が証券会社社長であれば、それなりの表現というものがあるだろう。  麻生太郎首相は21日の「経済危機克服のための『有識者会合』」で、株価対策に関連し、「株屋は信用されていない。『株をやっている』と言うと、田舎では怪しい。まゆにつばつけてみられるとこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もしイチローが不調だったらどうなった?

イチローの復活で、勢いに乗ったサムライジャパンが大勝した。北京の借りを返せたのはうれしい。  報道は各社判で押したように、“イチロー効果はやはり絶大”とうたっている。短期決戦だから、ヒーローを作り上げ流れに乗るというのは間違いではないだろうが、結局、北京オリンピックのように、イチローがいなければ勝てないのかということにもなりかね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネットがバブルを生む

 政治家関連でWebを検索していたら、ポスダック(POSDAQ)なるものを見つけた 。政治家の評価を株価に見立て、参加者がインターネット上で評価していくものらしい。そのHPによれば、発祥の韓国では50万人が登録しており、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権誕生の原動力となり、韓国の政治文化を一変させたとある。  日本にもサイドを立ち上げよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人は、危機に際すると内向きになる

 まだまだ島国根性が抜け切れていないのか、国際化が足りないのか分からないが、この経済危機で日本の屋台骨を背負ってきた大手自動車メーカーや大手電機メーカーがばたばたと大赤字を計上している中で、政治家やマスコミは、麻生総理が漢字が読めないとか、小泉発言の真意はどうのこうのという議論に終始しているように思う。  『ケンカ売られ、潰しに動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文化遺産の保護か土建工事の確保か

橋や道路を作っても土建業の雇用という点では一時的なものに過ぎないはずだ。さらにその橋が観光客を呼べるほどのものであれば別だが、テレビで見る限りは名勝鞆の浦(とものうら)の景観を破壊するだけにしか見えないし、そもそも橋などマッチする風景ではない。ほんの2~3年の雇用のために、名勝を破壊しては子孫末裔に至るまで後悔すると思うのだが・・・。…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

大相撲、文化か国際性か

 およそスポーツで優勝した瞬間にガッツポーズが許されない競技がほかにあるとは思えない。が、どうやらこれは横綱の品位の問題らしい。歓喜さえも自制するのが横綱であるべきという考えなのだろう。ある意味、横綱は勝って当たり前、優勝して当たり前の存在であることを考えるとそうかも知れない。しかし横綱以外、例えば幕内の力士が優勝したとしてもガッツポー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やればやられる、やりすいがまかり通る「酷会」

 こんなことやれば、民主党が政権を取った時に、やり返される道理が分からないのだろうか。  失言の揚げ足とりといい、一線を越えると誹謗中傷合戦となってしまい政治どころではなくなってしまう。やるのであれば、少なくとも同じ手法でやり返されないようなもっと高度な質問を勉強すべき。  民主党の石井一副代表は、自ら勉強してませ~んと言っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康保険の充実が不健康を作る

 前の記事で中国の老人は元気だと書きましたが、翻って日本を考えた場合どうなのだろうか。  まず、中国の老人が公園で太極拳やバドミントンをすることは、ローカルに拠ればいくつかの理由があるらしい。  ひとつには、習慣の問題で、改革開放前の貧しかった時代、家は狭いが兄弟が多いという条件の中でデートはもっぱら公園という習慣があったた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

食品偽装と自給率は関係ある?

 12/30のNHKの番組「あの瞬間 あなたは… ニュース総決算2008」を見ていたら、経済評論家の勝間 和代さんが、妙なことを言っていた。  確か「食品偽装事件は、現在39%まで低下した自給率を上げることで無くなるような問題ではなく、むしろ自給率を上げると増える可能性がある。輸入品に比べコスト高であるため、偽装で稼ごうという心理…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

派遣問題に見る日本の将来

 今回のサブプライムに端を発する大不況の影響で、日本では自動車、電機メーカーを筆頭に派遣切りが続いている。 100年に一度といわれているが、日本がアメリカのように解雇していいものだろうかと思う。アメリカの場合普段から業績が低下するとレイオフ(一時解雇)が行われているため、もともと労働流動性が高いところに今回の危機がある。ところが、日本の…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

結果の最大化ということ

一生懸命やるというのは当たり前の話で、いかに創意工夫してその結果が最大になっているかどうか、まさにこの一点が問題であるはずである。 影山委員の言っていることは正しいと思う。 ヤジ、怒号再び… 大阪・橋下知事の教育討論会  『教員が「教師はみんな一生懸命やっている」と発言。これに対し陰山委員は「一生懸命やっているということを理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ものづくりだけでなく仕組みづくり大国を目指すべき

 太陽電池を巡る各国の取り組みを見ていると、日本のものづくり(ハード)の技術への自負、執念を感じるのは良いが、その一方でビジネスの仕組みづくり(ソフト)をおろそかにしていないか、気になって仕方がない。  言うまでもなく、太陽電池はSharpを初めとして日本メーカーが数十年に渡って育ててきた産業である。液晶産業に似ている。1994年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日だけなぜ?

 「新聞を買うときは注意せよ。選択ミスによって寿命が縮むかも知れない」。  10/5のNHK「中国 家畜の飼料にもメラミンが混入」報道で、メラニン汚染はさらに深刻な状況であることが判明した。従来の乳製品加工段階での添加だけではなく、飼料段階から混入していることが明らかになった。  ところが、朝日新聞(asahi.com)は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪徳白アリ駆除業者?

 先日、帰国中にタクシーの運ちゃんから聞いた話。真偽の程は定かではないがさもありなんといった感じなので紹介したい。  たまたま話が新築の家が何年もつかという話になり、最近は建築技術の進歩で100年住宅とか出て来てますねとか話をしていたが、その運転手は100年は絶対に持たないと言う。理由は、白アリである。温暖化に伴い白アリが北上して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主党が稚拙な理由

 民主党が本当に政権を取る意思があるのなら、中山成彬前国土交通相の失言問題を政争に使うすべきではない。なぜか。この手の問題は、やるとやられるの連鎖が続く、しかもやり易い。中身の議論抜きで議論できるから。  旧社会党、共産党のように絶対に、まかり間違っても政権を取ることができない党が、この衝動に駆られるのは分かる。逆の立場になる、攻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

論争こそが事前検証の唯一の手段

 メーカーであれば試作品を作って検査して、不具合を直す工程を繰り返すことにより品質、性能を上げることができる。国会は、事前に十分に論争することで政策の不備を検証することにより、その質を上げることが任務のはずだろう。  ところが、このねじれ国会でまともな論争があっただろうか。民主党の審議拒否、対案出さず・・・。挙句の果て、今度は、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

性善説が危ない

 「性善説に立ち過ぎた」という農務省の言い訳は、どこか高度成長期の気分が抜け切れていないように思う。経済が好調なうちは、性善説は大方に於いて正しいかも知れない。特別悪いことをしなくても儲けることができる時代であったから。  ところが、経済がおかしくなると、注意しなくてはならない。どこで利益を上げようか血まなこになる。捻出しようとす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民総裁選の顔ぶれで思い至る日本の一大欠陥とは?

 今回の自民党総裁候補の顔ぶれを見ると、どうも準備不足、役不足の人が立候補している感が否めない。首相二人が連続して1年もたなかったが、例えばアメリカの場合はどうだろうか。3選禁止令があるが如く、基本的には長期政権である。ところが、日本の場合はそこまで持たない。  なぜこうも短期に総理大臣が交代するのだろうか。  細かい理由は…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

政治は江戸時代へ回帰するのか

 近頃、江戸時代のエコシステムが賞賛されることが多いが、政治も江戸志向なのかと思えるようになってきた。政治家の家業化が顕著になり、各党のTOPや執行部が2世、3世議員で占められるようになったきたからである。  親の後援会のお陰で議員になった人、或いは福田さんのようになりたくもないんだがならされた人たちが、国政を担当している。大部分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more