テーマ:中国

反日デモをしている場合か?

 なぜこの時期に反日デモなのだろうか。大学生が中心ということだが、であれば本来、劉暁波(Liu Xiaobo)氏の解放デモをすべきではないだろうか。折角ノーベル賞平和委員会が民主化へのトリガーを引いてくれたのだから。いくら当局が言論統制を敷いていたとしても、いくら成都や西安のような田舎でもインターネットや携帯メールでその情報は取れるだろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国から見れば赤子の手をひねるようなもの

 日本が唱える友好とは共存共栄のことだが、これが中国に通用すると思っているところに民主党政権の甘さがある。中国にとって友好とは、表現は汚いがお互いの「玉」を握り合うこと。イザという時は仕掛けた方も甚大な被害に合うことを前提に成り立っている平衡を指す。従って、先きに船長を返してしまっては、平衡状態しいては交渉にならない。恫喝し放題の状況が…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

中国反日暴動のトリックとは?(2)

 2005年の反日暴動から早いもので4年が過ぎた。その後もいろいろあったが、2008年の北京オリンピックから現在まで対外的には大きな騒動は起きていない。金融危機の影響で外資系の撤退が相次ぎ、経済の足元の弱さを思い知ったかどうか定かではないが、最近は、ネットで地元政府の不正、職権乱用を摘発する記事を目にすることが多い。  性接待強要…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

財部さん、もう少し突っ込んだ中国レポートを

 今日5月10日のサンデープロジェクトに、経済ジャーナリスト財部 誠一さんのレポートがあった。テーマは、『財部中国シリーズ第7弾 内陸部は“巨大市場” ~日本企業成功までの苦闘~ 今回のテーマはズバリ、中国の「内需拡大」だ』。見た感想を書いてみたい。  まず基本的に、日本人が陥りやすい中国レポートの典型を見る思いがした。特に四川イ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

あり得ない数字 - 中国の億万長者数

 人口1万人当たりでは北京が88人、上海で62人ということは、それぞれ113人、161人にひとりが、いわゆる億万長者という計算になる。当然、母数には子供、学生、若年層、老人、主婦も含まれているので、実際には多く見積もっても、1/3が該当対象となる年代であろう。すると、北京で40人にひとり、上海で54人にひとりが億万長者ということになる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥のいない上海でバードストライク?

 新華社通信によるとで既に十分疑わしいが、虹橋発羽田行きJAL機が、バードストライクで50Kmしか離れていない浦東空港に緊急着陸したという。生活実感として上海市内で鳥など見たことがない(数年に一度すずめがちょろちょろと)だけに、本当かと疑ってしまう。丁度飛行ルート真下の上海動物園から逃げた鳥が運悪く当たってしまったとしか考えられない(^…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

健康保険の充実が不健康を作る

 前の記事で中国の老人は元気だと書きましたが、翻って日本を考えた場合どうなのだろうか。  まず、中国の老人が公園で太極拳やバドミントンをすることは、ローカルに拠ればいくつかの理由があるらしい。  ひとつには、習慣の問題で、改革開放前の貧しかった時代、家は狭いが兄弟が多いという条件の中でデートはもっぱら公園という習慣があったた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ニセもの大国 中国

 かつてフランスの外務大臣が周恩来にフランス革命の成果について問うた時、フランス留学経験のある彼は、「まだ評価には早すぎる」と言ったという。実にフランス革命から200年も経っているのにである。  十数年前にこの話を本で読んだ時、さすが4000年の歴史のなせる技、かように中国人は考えるのかと当時感心したものだ。が、実際に中国に駐在し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

九死に一生!在西安

 先日、西安に一人旅をしてきた。兵馬俑を見ることが目的だったが、到着そうそう散々な目に合ってしまった。上海では、つゆぞ経験したことがなかっただけに衝撃もひとしおであるが、同時にこれから行かれる人に、ぜひ注意していただきたいと思い綴りたい。  当日、上海浦東空港朝8:10分発のMU(中国東方航空)に乗った。虹橋から飛んでいないので不…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中華主義の真実とは?

  四川大地震の復興支援以来、個人的には好感が持てる政治家のひとりである温家宝の次の言葉に、中共の深刻さが現れている。まるで警察が連続殺人犯逮捕の決意表明をしているように聞こえるが、犯人逮捕に2年もかかるというのは、現実には中国政府は既に中国をコントロールできていないと言っているに等しい。  「1日付の香港英字紙サウスチャイナ・モ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日だけなぜ?

 「新聞を買うときは注意せよ。選択ミスによって寿命が縮むかも知れない」。  10/5のNHK「中国 家畜の飼料にもメラミンが混入」報道で、メラニン汚染はさらに深刻な状況であることが判明した。従来の乳製品加工段階での添加だけではなく、飼料段階から混入していることが明らかになった。  ところが、朝日新聞(asahi.com)は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

性善説が危ない

 「性善説に立ち過ぎた」という農務省の言い訳は、どこか高度成長期の気分が抜け切れていないように思う。経済が好調なうちは、性善説は大方に於いて正しいかも知れない。特別悪いことをしなくても儲けることができる時代であったから。  ところが、経済がおかしくなると、注意しなくてはならない。どこで利益を上げようか血まなこになる。捻出しようとす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国を本気にさせるには

 6月中旬に中国内で被害が出ていたというのが本当なら、2ヶ月近く隠し通したということになる。いづれ白黒をつけなければならないわけだから、発表のタイミングを見計らっていたのだろう。五輪直前であれば、公表しても、日本のマスコミはすぐ忘れるだろうし、開会式にあわせた首脳会談では議題として出しても、お祭りムードの中、しゃんしゃんと終わると読んで…
トラックバック:1
コメント:13

続きを読むread more

中国製だから?

 先日、フライパンでボンカレーを温めるついでに、たまには、おたまの殺菌消毒でもするかと思い、取っ手を外側にしてフライパンに入れて置いておいたところ、わずか数分でプラスチックの取っ手の部分が熱でどろどろに溶けてしまった。マジで! この程度で!と思ったが、所詮中国製と妙に納得してしまった。日本円にすると200円くらいなんで。  ひと目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国のクレジットカード

 筆者は、上海浦東発展銀行(SPD BANK)のクレジットカードを使っている。「元」で決済できるので、中国どこへいっても重宝する。JALカードと提携しているので、マイレージを貯めることもできる。  便利には違いないのだが、よくカードが使えなくなる。  その理由はこうだ。このカードの場合と言おうか大抵そうだと思うが、クレジット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京オリンピックと東京オリンピックの違い

 日本が東京オリンピックを原動力に先進国の仲間入りをいたように、中国政府も北京オリンピックを契機に先進国クラブに名を連ねたいという思惑がある。表面上は日本が東京オリンピックでやったことと同じことをしている。地下鉄、空港の拡張、空港線の新設、メインスタジアムの造成、ホテルの建設ラッシュ等である。しかし、どうも何かが違うと感じられずにはいら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上海環球金融中心(101階建て)がまもなくオープン

上海の浦東新区陸家嘴に建設中の上海環球金融中心がまもなくオープンする。既に一部フロアでは引越しが開始されており北京オリンピックまでには正式にオープンしそうである。  高さは492m、隣(写真右)の金茂(ジンマオ)大厦が421mである。  台北101(509.2m)に劣るが、これは当初1997年に2001年完成を目指し着工し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人はなぜうるさいか

 中国に来たことがある人なら分かると思うが、とにかくどこへ行ってもうるさい。もともと人が多いから混むというのはある。駅とか空港、レストランはまさにそうだが、運転でもクラクションをよく鳴らす。駐在した当初は、この国には哲学者は輩出できないだろうと思ったものだ。集中した思索とは縁遠い国と思えたからだ。  ところが、興味深い記事を目にし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

CO2削減 中国政府の負の遺産とは?

 一昨日、NHKワールド・プレミアムで特別番組「SAVE THE FUTURE」の「地球温暖化(CO2削減)問題を考えてみよう !」を見た。途中上海地区は雷で電波が何回となく途絶えたが、日米中の市民が温暖化問題を議論するという面白い試みであった。  この中で気になったのが、中国から参加の市民が、中国は国別ではアメリカについで世界第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四川大地震で中国は変わるか

 今回の地震で中国政府は手抜き工事をした業者を徹底的に厳罰にする意向を示している。これ自体は是が非でも必要な処置なのだが、大部分の日本人はこれがまともに遂行されるとは思っていないだろう。  『国務院新聞弁公室の記者会見で29日午後、国家品質監督検査検疫総局の支樹平副局長が 「あんなにも多くの子どもたちが下敷きとなるのを見て、誰も…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

中国版新幹線は250Km走行中

 普段、鉄道に乗る機会が少ないため、例の「なんちゃって新幹線」はてっきり時速160Km程度で走っているものと思っていたが、先日久しぶりに上海から昆山に出張があり「和諧号CRH2」に乗る機会があった。CRHとはChina Rail High-speedの略でCRH2は東北新幹線「はやて」ベースである。  乗ってみて驚いたことがいくつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人実習生にまつわる事件について

 このところ、外国人農業実習生にまつわる事件が後を絶たない。主に中国人実習生によるものだが、駐在して中国人と仕事をするものとして気になる点を述べてみたい。 <中国人実習生3人 未払い賃金求め提訴 阿蘇市の農家に派遣 熊本地裁>  「国の外国人・技能実習制度で熊本県阿蘇市の農家に派遣された中国女性3人が9日、不当な労働を強いられた…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

四川大地震 政災としか言いようがない

 地震による死者は19日正午までに34000人を超え、中国のテレビでは連日連夜災害、救援の模様を国家、民族の存亡の危機のように訴え募金を募っている。亡くなられた方、残された家族、孤児たちの事を思うと悲痛な思いがする。  正直、最初は中国人の一大事における団結力に感心と言おうか共感を覚えた。日本人にはここまで出来るか、直近の新潟中越…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一生懸命なんだろうけど・・・。

 確かに、言われてみれば一生懸命やればやるほど、あら捜しをしていると思われ評価されない。特に中国の場合、国家権力の代弁者のように振舞うからストレスが溜まる。ましてや、嘘か真か3月のウイグル族のテロ未遂が発端で厳しくなったというのも怪しいため、余計に怪しく感じる。 『手荷物検査員、洗顔料ふりかけられる』   飛行機に搭乗する際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京~上海高速鉄道が着工したが・・・

 日独仏加の技術のいいとこ取りをした高速鉄道が着工した。次はこの「なんちゃって国産技術」で中国内の主要都市を結ぶのだろうが、これはあくまで仕方がない。この膨大な鉄道網をすべて外資に委ねることは経済上も国家の安全上もよろしくないだろう。日本が逆の立場でも同じようにすると思う。電力会社に対する外資規制と同じようなものだろう。しかし、問題は別…
トラックバック:2
コメント:2

続きを読むread more

まさに脳乱!船場吉兆

 もったいないと言う気持ちで行ったのなら、その場合はメニューに、「Used」とか「使いまわし品」あるいは「食べ残し混入可能性あり品」とかハッキリ表記して、中古車同様安くすべきではなかったか?いや、むしろ、一度料金を回収しているわけだから、タダにしても良いのではないだろうか。しかし理論的には、「Used」の「Used」その次の「Used」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国航空会社のリカバリーに感心 

 昨日の夕方、出張先の北京から上海に帰る中国東方航空(MU)に乗ったのだが、到着した上海浦東空港でちょっとしたアクシデントがあった。結果的に航空会社のリカバリーが思いのほか良かったので記しておきたい。  3連休前の夕方の北京空港は、手荷物を持った客でごった返していた。筆者も何とかチェックインして手荷物(スーツケース)を預けた。機体…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

上海のカルフールでは

 今日5月1日昼頃、カルフールに出かけ買い物をした。中国は1日から3連休に入り、以前からこの日をカルフール商品の不買運動の日にしようとネットで流れていたので、少しばかり興味を持っていった。建物は雑居ビルで、いろいろな店舗が入っており、カルフールはそのひとつなのだが、建物の周りはいつもと変わらない感じ。デモはなし。中に入ると、いつもどおり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国に民族主義?

 日本人が危機感がないと、あるいは危機が顕在化しないとチームワークが作れないように、中国人は外敵を作らないとチームワークが作れないらしい。  だが、ふたつのチームワークは異なる。日本が一致団結して何かを為すチームワークに対し、中国は一致団結して誹謗中傷を行うチームワークである。必然的に、中国では前進というものがない。これをアジア的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国はパンドラの箱か?

 最近の中国関連のニュースを見ていると、まさにパンドラの箱を開けたという感じである。いや、開けたというより、ひっくり返して振り回してバラバラにしたと言ったほうが適当かも知れない。  この意味で、毛沢東を評価してよいかもしれない。少なくとも、出してはいけないものを箱の中に閉じ込めた功績は評価してよいのではないかと思う。  以下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more