テーマ:仕事

瞬間の判断(直感)はなぜ正しいか

 結局は、瞬間の判断が正しかったということがよくある。なぜかを考えてみた。  まず、理屈で、時間をかけて考えた場合どうなるか。  理屈とは、その時代の原理、理論、個人の利害損得からものを見ることであろう。即ちある種色メガネを掛けてもの見る、事を考えることに他ならない。ところが、人間見たいようにものを見る、考えやすいようにもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人を動かす、育てる

 NHKの茂木 健一郎がホストを務める「プロフェッショナル」をたまに見ることがあるが、どうも昔の「プロジェクトX」と比較してしまい、もの足りなさを感じてしまう。国家の威信を賭けたという部分の有り無しの違いだろうか。そのプロジェックトXの中でも最も印象深くどうしても忘れられないシーンがあるので、書いてみたい。  2001年2月20日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人実習生にまつわる事件について

 このところ、外国人農業実習生にまつわる事件が後を絶たない。主に中国人実習生によるものだが、駐在して中国人と仕事をするものとして気になる点を述べてみたい。 <中国人実習生3人 未払い賃金求め提訴 阿蘇市の農家に派遣 熊本地裁>  「国の外国人・技能実習制度で熊本県阿蘇市の農家に派遣された中国女性3人が9日、不当な労働を強いられた…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

駐在員必修のオンライン中国語学習

 筆者を含め回りの駐在員に共通するのは、週に1~2回中国語学校へ通って習っているが、仕事となると、会話やメールのやり取りは英語というパターンが結構多いように思う。メールは、ローカルも日本も分かるとなると公約数は英語以外にないし、仕事も相当中国語が熟達するまでは、正確に伝えようとすると、どうしても英語となってしまっているように思う。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

効果絶大!15分間ルール

 人間の集中力は、15分が限界といわれています。TVのCMも15分置きに入り一息入れるようになっています。この15分と、意外とまとまった時間という意味の15分が、偶然か、時間が合致していてまさに「宝の15分」だと近頃思えてきたので以下に筆者の考えを述べてみます。  まず、集中力は別にして、15分あれば意外といろいろなことが完結でき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悲観的に考え、楽観的に行動するというは間違い

 「悲観的に考え、楽観的に行動する」という言葉がある。この言葉の意味は、想定できる範囲内で、さまざまな条件を悲観的、即ち悪いように考え、準備を整えれば、後はラクラクだという意味である。  ところが、そんなに悲観的に考えていると、悲観的な人間になるのではと思う人もいるかも知れない。日本語の表現が良くない。どうもしっくり来ない。  …
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more