スカイ・ラウンジ「有視界飛行」

アクセスカウンタ

zoom RSS 悲観的に考え、楽観的に行動するというは間違い

<<   作成日時 : 2008/03/20 20:01   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 2 / コメント 1

 「悲観的に考え、楽観的に行動する」という言葉がある。この言葉の意味は、想定できる範囲内で、さまざまな条件を悲観的、即ち悪いように考え、準備を整えれば、後はラクラクだという意味である。
 ところが、そんなに悲観的に考えていると、悲観的な人間になるのではと思う人もいるかも知れない。日本語の表現が良くない。どうもしっくり来ない。

 例を挙げて考えてみる。
 例えば、家族で明日の朝から旅行に行くとする。
前の晩に、チケット、着替え、洗面具、カメラ、ガイドブックなどは、まず普通に準備する。ここから、悲観的に明日の朝ありうるであろう事件を考えて、準備してみる。

明日の朝、例えば                  準備
朝目覚ましがならない         → 目覚まし時計を前晩に2ヶ用意する
タクシーに乗ったが、道が込んでいた  → もう30分家を早くでるようにする
子供が車に酔う             →  宵止めを用意する
子供が腹痛を起こす          →  腹痛止めを用意する
大雨が降ってくる          →  雨具を用意しておく
カメラの電池が無くなった        →  電池を予備に買っておく
旅館に歯ブラシが無かった       →  事前に買っておく

いろいろ考え、準備しておけば後が楽であることは間違いない。

ただし、上の例で分かるが、いろいろなケースを予め考えることは、決して悲観的ではなく、むしろ戦術的という言葉がぴったりなのではないだろうか。即ち、戦争に望んで、相手の出方を仮定し作戦を練るようなものである。仕事でも同じである。

 悲観的に考えるとは、本来、例えば明日の朝永久に起きなかったらどうしようとか、隕石が落ちてきたらどうしようとか考えることのはずである。上のような場合はむしろ、発生の仕方、出現の仕方を想定しているわけで、「戦術的」ということばこそが最適だと思う。戦術的に考え、作戦を練っておくわけだ。

 よって、次の言い方が適切と思う。

 「戦術的に考えれば、楽観的に行動できる」
↓ポチっとお願い!
にほんブログ村 教育ブログへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
悲観的に考え楽観的に行動する
書店チェーンを経営する高校時代の友人Hくんが、 先日地域情報紙のインタビューで座右の銘を問われ、 「悲観的に考えて楽観的に行動する」と答えていました。 確かにいい響きだなと思って、調べてみると 多くの経営者が述べていることに知りました。 ある人はブログのタイトルにしたり、 ある人は自分流にアレンジしたり。 (英文では「Think pessimistically,act optimistically」) 多くの経営者の方が座右の銘に選んでいるくらいですから、 確かに、現代のトップにとっては必要な考... ...続きを見る
プロダクトデザインの広がり
2009/11/26 12:51
VISVIM サンダル
悲観的に考え、楽観的に行動するというは間違い スカイ・ラウンジ「有視界飛行」/ウェブリブログ ...続きを見る
VISVIM サンダル
2013/07/09 22:16

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
トラックバックありがとうございます。色々な表現がありますが、それだけ深いということなんでしょうね。
スカイ・ラウンジ
2009/11/26 22:30

コメントする help

ニックネーム
本 文
悲観的に考え、楽観的に行動するというは間違い スカイ・ラウンジ「有視界飛行」/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる