日本外交「抑止力軽視」のつけ

横暴な国、独裁国家に対しては、対話は意味を持たない。唯一有効な言葉とは、古来「抑止力」である。 旧ソ連、今の中国、北朝鮮を見れば分かる。特に北朝鮮などは、核の抑止力のみで援助を手に入れ、生き延びている国家である。

 では、国家になぜ抑止力が必要なのか.対外的、外交的抑止力がない場合、何が起こるだろうか。言うまでもなく、今の中国と日本の関係が表すが如く、当事国自ら事件を起こしあるいは捏造し、相手国から妥協を引き出す戦略が頻繁に起こる。

 ではなぜ、日本の外交にこの考えが無いのだろうか。

 その前に検証してみたいのが、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスなどが中国から言いがかりを付けられないのはなぜか。

 もちろん、地理的条件もあるだろうが、アメリカを除いて、上記3カ国は実際に中国を植民地にしてきたわけだから、中国的独断歴史解釈によれば重罪のはず。ところが、中国は手も足も出ない。言いがかりを付けれない。

 なぜか。もし、そうすれば返り血を浴びることが明白だからである。つまり、中国の触れられたくない部分を徹底的に突かれるからである。即ち、 人権問題、共産党の腐敗、文革、大躍進時代の失政を喝破される、中国にとって何らメリットはない。

外交とは、それぞれがもつ切り札(カード)を出す、或いは出す振りをして抑止力を競うゲームであると思う。

 ある意味、日本でも江戸時代以前は、これが普通に行われていたように思う。近隣諸国同士で人質をとったり出したり、敵の敵は味方の発想で同盟したりなどである。

 なぜ、日本でこの考えが無くなったのか、というよりも、抑止力を考慮した外交という概念がなくなったのはどうしてだろうか。

 ひとつは、戦後アメリカ追従で来たから、そのツケが回ってきていると言えよう。完全に傘の下に入っている訳だから。憲法9条によれば必然的にそうなるが。

 もう一つは、ものづくりにこの概念は不要であるということがある。

 物作りにおいては、製品の価値が絶対的尺度であり。製品の性能、価格、品質が他を凌駕していれば必然的にマーケットで支持を得られる。ものづくりでは、抑止力はいらない。この分野での日本の成功体験と民主主義の成熟に伴って、抑止力の概念を喪失してしまったのかも知れない。

 さらにひとつは、友好の意味を目的と手段を取り違えたことによるだろう。これに関しては、「みんな仲良し」に潜む矛盾
http:/fightingfalcon.at.webry.info/200803
で述べた。

昨今の世界情勢での理想とする国家は、成熟した民主主義国家でありつつ、対外的に抑止力をもった国家となろう。

 その実現の為には、どうすべきだろうか.

 中国に対して言えば、政府が中国の行動、事件に対しいち早く非難声明を発表すべきである。チベット問題、スーダン・ダルフール問題など日本と直接関係のないところで非難声明を出す。内政干渉と言っている場合ではない。

 相手がこちらの教科書にまでクレームを付けてくるんだから。これらは欧米と同調してやる。反論があれば、それも欧米と歩調を合わせれば良い。さらにしつこく食い下がれたら、アンダーテーブルで文革、大躍進の失敗について声明を出すぞと脅せば良い。とにかく非難声明を出し続けることが、抑止力に繋がって行く。

 出来れば、野党が先に非難声明を出すくらいがちょうどいい。アメリカでも今回のチベット騒動で民主党も非難声明を出している。日本も民主党あたりが、同じことをすれば政党らしくなっていくんだろうが・・・。

 北朝鮮による日本人拉致問題に対しては、まず人道的に返してほしいと言っても残念ながら通じないだろう。なぜなら自国に於いて、人道なるものが存在しない国だから。外交的に、返さざるを得ない抑止力を作っておくことが重要だった(である)。

 福田総理の「相手がいやがることをあえてする必要はないだろう。配慮しないといけない」も良いが、その相手がいやがることをするわけだから、配慮では対処しようもない。

 もし、近隣諸国が成熟した民主国家であった場合、このような抑止力も要らないかもしれない。ある意味、日本は近隣諸国に対して、先を行き過ぎているとも言える。

 中国反日暴動のトリックとは?
 http://fightingfalcon.at.webry.info/200802/article_9.html


↓ポチっとお願い!
ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

仰る通りです。
2008年08月01日 21:00
日本のへたれぶりには正直飽き飽きしています。
いい加減まっとうな外交をして欲しいです。
スカイ・ラウンジ
2008年08月02日 19:58
コメントありがとうございます。もの作り大国はもちろん結構なことですが、それに奢らず外交大国になってもらいたいものです。
ハリー
2009年06月04日 12:21
現在の我が国の政治にかかわる大半が、2世3世のおぼちゃま君で構成されてるため、金や権力で 事の解決を図ってきている。
同じことが諸外国に通じると勘違い、根本的な立ち回りがわからないのでしょう! この国のために本気で取り組む政治家は、いないものでしょうか。
情けない
スカイ・ラウンジ
2009年06月06日 08:11
コメントありがとうございます。基本的にはよく言われるように平和ボケしてしまっているということでしょう。今まではアメリカ追従でよかったのですが、アメリカも余裕が無くなってきました。これからはきちっとした戦略を持った政治家が必要なのでしょうね。

この記事へのトラックバック